2017年、天皇皇后行幸啓に際しての宮司の寄稿文

「小さな口永良部島に届けられた、天皇皇后両陛下からの太陽のようなあたたかい慈愛の光と、日本中の皆様からのお心遣い。私たちは災害を通して、大きな家族として生まれかわります。」

2015年5月29日9時59分の口永良部島新岳大噴火に際して、全島民がお隣の屋久島に緊急避難しました。そして2017年天皇皇后両陛下が、屋久島にお見舞いにみえられたときの事を、兼子好恵宮司が「WAGO – 和合- 27号」に寄稿されました。
その寄稿の全文です。どうぞご覧ください。

「WAGO – 和合- 27号」兼子宮司寄稿文 (文章・写真とも兼子宮司)

WAGOホームページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください