千葉県平舘地区より感謝のお手紙が届きました。

金峯神社兼子好惠宮司と、長い交友関係をお持ちの川崎市在住の八尾さまは、千葉県南房総市千倉町平舘地区に農地や家を借りて農的生活をされています。
2015年5月に口永良部島の新岳の大噴火の際は、全島民が屋久島にしばらく避難しておりましたが、この時に八尾さまとご友人の方たちが兼子宮司を通して、島民の方たちに見舞いを申し上げ、御心を寄せてくださいました。
この度の台風15号により、甚大なる被害が平舘地区にあったことを聞いて、兼子宮司が大噴火の際のお見舞いを思い返してそのときの返礼もかねて、お手紙と見舞い金とを平舘の区長さん宛てに送られました。これにより、神社と神社に祀られている神さまたちのご縁の繋がりがあることもわかり、大変に遠く離れている口永良部島と千葉県の平舘地区とが交友関係で結ばれることになりました。
12月には、兼子宮司が直接に平館地区を訪れて、地区の皆さまから大変に温かな歓迎を受けられたとのこと。
神さまが繋いでくださったご縁は素晴らしいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください